2020年2月13日(木) カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW【岐阜最強スタミナ飯!激ウマ鶏ちゃん!沖縄イケメン】 

  • 岐阜県飛騨・奥美濃のソウルフード“鶏ちゃん”
  • ちょっとお高いけど大人気!
  • もも肉とせせり肉を使ったジューシーな旨味は鶏のジンギスカン
  • キャベツ、玉ねぎ、もやしなどと一緒にどうぞ

やみつき岐阜県郷土料理☆鶏ちゃん 奥美濃古地鶏味噌味・若鶏味噌味・塩味 味くらべセット 各400g☆味の秘密は郡上地味噌と八丁味噌♪丸一精肉店の最高級けいちゃん★人気ナンバーワン★若鶏の柔らかさはご飯の友 が話題となりました。

鶏ちゃん

時間のない主婦や独身男性の方に、袋からサッと出すだけで手軽に作れる昔懐かしの「在郷の味」

岐阜県の郷土料理の一つで飛騨・奥美濃で1950年頃から食べられていた。起源は北海道のジンギスカン料理。1918年(大正7年)に羊毛自給をめざす「緬羊百万頭計画」が立案され、羊毛を採ることと肉を消費させることで農場の収入増と飼育頭数増加を狙ったが羊肉を食べる習慣のない日本人にはなじみがなく、羊肉の臭みを消す調理方法としてジンギスカン料理が生まれました。ジンギスカン料理は他の地域に拡がっていったが定着することなく、残っているのは北海道くらいで、岐阜県でも同様に、羊の飼育が盛んだった地域では食べられていたが普及しなく、牧羊が途絶えると同時に消えていきました。しかし、ジンギスカンの調理法を応用し、鶏肉を使ったのが鶏ちゃんの始まりで、それが今では飛騨・奥美濃地方で家庭料理として定着しています。鶏ちゃんは味噌味・しょうゆ味・塩味があり、各地域・各家庭で味も違います。