掛川茶 (深蒸し茶)青 500円ポッキリ(ぽっきり)【smtb-TK】【送料無料メール便】 が紹介されました。

【朝ズバッ!】掛川市&掛川茶(深蒸し茶)を特集

2011年 1月21日(金) 朝ズバ【掛川茶】

静岡県掛川市産の掛川茶 (深蒸し茶)

がん死亡率が最も低い都市、さらに高齢者の医療費が全国平均とくらべ20%低いという驚きの街『静岡県掛川市』

掛川の特産品掛川茶が街の人を元気にしているという噂がうわさを呼び爆発的に売れているようです。

掛川(かけがわ)茶は、「深蒸し」と呼ばれる製法で作られています。

掛川は、日照時間が長くカテキンを豊富に含んだ渋みの茶葉ができます。
そこで渋みを和らげるために長時間蒸して飲みやすくしたのが「深蒸し茶」です。

普通の煎茶よりも茶葉の蒸し時間を長くすることで、茶葉は細かくなり粉も多く深蒸し茶ならではの『濁り』が生じます。

細かくなった茶葉と粉には、『カテキン・テアニン・ビタミンC・食物繊維・ミネラル』などのお茶成分が溶けだしやすくなっており、濃厚で甘く深い味わいになります。
本来溶け出さない茶葉の栄養成分まで飲めることが、緑茶パワーを最大限に引き出します。